環境

DNPは持続可能な社会の実現に向けて、事業活動と地球環境との共生を絶えず考えており、行動規範のひとつに「環境保全と持続可能な社会の実現」を掲げています。
環(huan)境(jing)法規の遵守はもとより、あらゆる事業活動において環(huan)境(jing)との関わりを認識し、「気(qi)候変動の緩和と適応」、「資源(yuan)の効率(lv)的(de)利用(yong)」、「生物多様性の保全」などのテーマについて、目標(biao)を掲げて取り組みを進めています。

独立保証声明書

長期ビジョン

「DNPグループ環境ビジョン2050」

DNPは、持続可能な社会の実現に向け、P&Iイノベーションによる新たな価値の創出により「脱炭素社会」「循環型社会」「自然共生社会」を目指します。

脱炭素社会(気候変動の緩和と適応)
自社拠点での事業活動に伴うGHG(温室効果ガス)排出(chu)量実質(zhi)ゼロを目指します。 製品・サービスを通じて脱炭(tan)素社会の構築(zhu)に貢献していきます。
循環型社会(資源の効率的利用)
バリューチェーン全体で資源を効率(lv)的に利用し循(xun)環させることで、最(zui)大限(xian)の価値を提(ti)供します。
自然共生社会(生物多様性の保全)
バリューチェーン全体(ti)での生(sheng)(sheng)物多様性への影響の最小化と、地域生(sheng)(sheng)態系(xi)との調和(he)を目指します。

長期ビジョン達成に向けた取り組み(526KB)(PDFを開く)


気候変動への対応、TCFDへの対応(618KB)(PDFを開く)

対応するSDGs

  • 6 安全な水とトイレを世界中に
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさも守ろう

達成状況を測る指標および実績

GHG排出量削減

中長期目標 2022年度実績 評価
GHG排出量を2030年度までに2015年度比40%削減(SBT認定)
2050年までにGHG排出量実質ゼロを目指す
2015年度排出量 : 1,201千トン
2022年度排出量 : 763千トン
2015年度比
36.5%減

輸送環境負荷削減

2025年度までの目標 2022年度実績 評価
輸送用燃料使用量原単位を毎年1%削減し、2015年度比15%削減 2015年度原単位 : 1.42㎘/億円
2022年度原単位 : 1.14㎘/億円
2015年度比
19.6%減

環境配慮製品・サービスの売上高拡大

2025年度までの目標 2022年度実績 評価
スーパーエコプロダクツの総売上高比率を10%に拡大 2022年度総売上高比率 : 11.9%

資源循環率向上

2025年度までの目標 2022年度実績 評価
資源循環率を2015年度比5ポイント改善 2015年度資源循環率 : 51.7%
2022年度資源循環率 : 58.0%
2015年度比 6.3ポイント改善
ゼロエミッションをDNPグループ国内で維持 2015年度最終処分場利用率 : 0.06%
2022年度最終処分場利用率 : 0.03%
ゼロエミッションを維持

水使用量削減

2025年度までの目標 2022年度実績 評価
水使用量売上高原単位を2015年度比35%削減 2015年度原単位 : 8.55m³/百万円
2022年度原単位 : 5.29m³/百万円
2015年度比 38.1%減

VOC排出量削減

2025年度までの目標 2022年度実績 評価
すべての揮発性有機化合物(メタンを除く)の大気排出量を2015年度レベルに維持(国内) 2015年度排出量 : 4,581トン
2022年度排出量 : 3,644トン
2015年度比
20.4%減
VOC大気排出量削減に向けて、現地の法令遵守はもとより、技術導入等により可能な限りの削減を図る(海外) DNPインドネシアのカラワン工場においてVOC回収装置の稼動を継続

環境保全

2025年度までの目標 2022年度実績 評価
大気排出規制項目の最大濃度を規制基準の70%以下に維持 2022年度目標(自主基準)達成率 : 93%
排水規制項目の最大濃度を規制基準の70%以下に維持 2022年度目標(自主基準)達成率 : 99%
敷地境界における最大臭気を規制基準の70%以下に維持 2022年度目標(自主基準)達成率 : 99%
敷地境界における最大騒音レベルを規制基準の70%以下に維持 2022年度目標(自主基準)達成率 : 99%
敷地境界における最大振動レベルを規制基準の70%以下に維持 2022年度目標(自主基準)達成率 : 100%

◎:目(mu)標を大幅(fu)に達成(cheng) ○:目(mu)標を達成(cheng) △:目(mu)標わずかに未達 ×:取り組(zu)みが不十分

マネジメントシステム

環境管理体制

DNPは、グループ全(quan)体の環境活(huo)動を統括(kuo)する組(zu)織として「サステナビリティ推(tui)進(jin)委員(yuan)会(hui)」を設け、事業領(ling)域ごとの国内外の活(huo)動を統括(kuo)する組(zu)織として各事業部・グループ会(hui)社(she)に環境委員(yuan)会(hui)を設けています。各委員(yuan)会(hui)にはそれぞれ事務局(ju)および推(tui)進(jin)室を置いています。

サステナビリティ推(tui)進委(wei)員会は、代表取締(di)役社長を委(wei)員長として本(ben)社基本(ben)組織の担当役員によって構(gou)成され、サステナビリティの観点から中(zhong)長期的なリスクを管理し、事(shi)業(ye)機会の把(ba)握や経営戦略への反映を担っています。その中(zhong)で、グループ全体の環境(jing)方針や目標(biao)、計画などの審議・決定を行い、計画推(tui)進・目標(biao)達成状況をチェックしています。

各事(shi)業(ye)部・グループ会(hui)社環(huan)境委員会(hui)は、サステナビリティ推進委員会(hui)の決定と事(shi)業(ye)領域の特性をふまえて、海外拠(ju)点を含めた活動を展開しています。

環境マネジメントシステム

DNPは、環(huan)境目標を定め、継(ji)続(xu)的(de)に活動(dong)に取り組んでいます。また、取り組みを実効的(de)なものとするため、ISO14001が発行される前の1993年から、独自の環(huan)境マネジメントシステム(EMS)を構築しています。

環境活動に関する方針/宣言

DNPは、「DNPグループ行動規(gui)範」のひとつに「環(huan)境保全と持続可能な社会の実現」を定めており、具体的な活動に結(jie)びつけるため、「DNPグループ環(huan)境方針」および「DNPグループ生物多様性(xing)宣言」を定めています。

DNPの取り組み

サプライチェーン全体でのGHG排出量削減の取り組み

DNPは、製品のライフサイクル全体でのGHG排出量の削減が重要と考え、自社の製造段階だけでなく間接的に排出するサプライチェーン全体でのGHG排出量(Scope3)について、主要海外サイトを含めて算定し、削減に努めています。
 DNPは原材(cai)料調達(da)段階の排出量が最も多いため、主要(yao)サプライヤーに対し2025年までにSBT取得を促(cu)すことで削減を推進していきます。

DNPグループのサプライチェーン全体のGHG削減に関する説明の画像です。資材製造からDNPグループによる製品製造、納入先による加工、最終製品の使用や廃棄までの間に取り組む対象があります。

直近3年間のScope3排出量(625KB)(PDFを開く)


生物多様性への取り組み

DNPは、事(shi)業活(huo)動が生(sheng)物多(duo)様性(xing)に影響(xiang)を与えることを認識して、生(sheng)物多(duo)様性(xing)に対する社会的(de)責任を果たすことにより、持続可(ke)能な社会の実現を目指して、2010年(nian)3月に「DNPグループ生(sheng)物多(duo)様性(xing)宣言(yan)」を定(ding)め、本格的(de)な活(huo)動をスタートしました。製品(pin)開発、原材料調(diao)達、製造、販売、使用、廃棄などの事(shi)業活(huo)動における生(sheng)物多(duo)様性(xing)との関わりを検討し、重点テーマとして「原材料の調(diao)達」と「事(shi)業所(suo)内の緑地づくり」の2点を選定(ding)し、取り組みを強化しています。

原材料の調達

DNPの事業を継続する上で欠かせない原材料である「紙」の調達について、「DNPグループ印刷・加工用紙調達ガイドライン」を定めており、森林(lin)資源の維持に配慮し、原(yuan)(yuan)材(cai)料を有効(xiao)活用するため、間伐材(cai)の利(li)用や森林(lin)認証(zheng)紙(zhi)(zhi)の使用など積極的に行っています。また、原(yuan)(yuan)材(cai)料として調(diao)達する紙(zhi)(zhi)の全品(pin)目について、「DNPグループ印刷・加工用紙(zhi)(zhi)調(diao)達ガイドライン」適合品(pin)の調(diao)達比率100%を目指(zhi)し、製紙(zhi)(zhi)メーカーや販売会社などのサプライヤーの皆様との連携の強化、トレーサビリティの確(que)保を進めています。

事務所内の緑地づくり

DNPは、周辺のいきものがつながる事業所内の緑地づくりや地域(yu)生態系の保(bao)全活動を進めています。

全国の拠点・工場における生物多様性の取り組みを紹介する画像です。東京市ヶ谷の杜のような緑化プロジェクトの他、減少が危ぶまれる生き物の保全活動等を実施しています。

各サイトの取り組み事例(1,497KB)(PDFを開く)

都市における新しい森づくり。「市谷の杜」プロジェクト

市谷地区再開発の一環として誕生した生物多様性に配慮し、自然に近(jin)い緑(lv)地「市谷の杜」。このプロジェクト生まれた背景とは?