2023年(nian)12月12日

「地方創生☆政策アイデアコンテスト2023」大学生以上一般の部で優秀賞を受賞

大日本印刷・米沢市・山形大学の産学官連携施策

大(da)(da)日(ri)(ri)本(ben)印(yin)刷株式会(hui)社(DNP)と山形県米沢市(shi)(学(xue)(xue)園都市(shi)推進協議(yi)会(hui))、国(guo)立大(da)(da)学(xue)(xue)法(fa)人山形大(da)(da)学(xue)(xue)は、2023年12月9日(ri)(ri)(土(tu))に開催(cui)された「地方創(chuang)生☆政策アイデアコンテスト2023」(主催(cui):内閣府地方創(chuang)生推進室(shi))において、大(da)(da)学(xue)(xue)生以上一(yi)般の部優(you)秀賞(shang)と、観(guan)光予報プラットフォーム賞(shang)を受(shou)賞(shang)しました。今(jin)回、2023年5月に実施した大(da)(da)学(xue)(xue)生向けバスツアー施策「米沢オモシロ調(diao)査(cha)隊」が高く評価されました。本(ben)施策は東北(bei)経済産業局(ju)局(ju)長賞(shang)も受(shou)賞(shang)しています。

 

 「地(di)方(fang)創(chuang)生(sheng)☆政策アイデアコンテスト2023」表彰式の様子


「地方創生☆政策アイデアコンテスト2023」について

本コンテストは、地域経済分析システム(RESAS/リーサス)等を活用した、地域課題の分析を踏まえた地域を元気にする政策アイデアを募集するコンテストです。今回、応募総数1,510組の中から最終審査に進んだ18組が2023年12月9日(土)にプレゼンテーションを行い、各賞が発表されました*1

受賞したアイデアの背景と取り組みについて

山形大学工学部では、多様な人材との共創によるイノベーションを推進するDNPのサービスデザイン・ラボ*2に所属(shu)する山(shan)口博志(同(tong)大(da)・客員(yuan)准教授)と松田久仁子(同(tong)大(da)・工学部(bu)招聘(pin)講(jiang)師)が「サービスデザインによる社(she)会課題解(jie)決(jue)」の講(jiang)義(yi)を2019年(nian)から実施(shi)しています。今回受賞したアイデアは、この講(jiang)義(yi)のなかで同(tong)大(da)・工学部(bu)の学生、米沢(ze)市(shi)役所の職(zhi)員(yuan)とともに検討しました。

2022年度は、「人口減少を背景(jing)に、関(guan)係人口の増加」という米(mi)沢市(shi)(shi)が抱える課題に対して、「学(xue)(xue)園都(dou)市(shi)(shi)米(mi)沢」という特徴(zheng)を活かし、「どうすれば、大(da)学(xue)(xue)在学(xue)(xue)中に米(mi)沢市(shi)(shi)に愛着をもち、卒(zu)業(ye)後もゆかりのある都(dou)市(shi)(shi)になるか」というテーマで検(jian)討を進(jin)めました。その結果、大(da)学(xue)(xue)生向(xiang)けバスツアー施(shi)策「米(mi)沢オモシロ調(diao)査隊(dui)」というアイデアが生まれ、2023年5月に米(mi)沢市(shi)(shi)(学(xue)(xue)園都(dou)市(shi)(shi)推(tui)進(jin)協議会)で実施(shi)しました。

「米沢オモシロ調査隊」について

米沢市の大学(xue)生の7割以上(shang)が県外から入学(xue)していることに着目し、「頼(lai)れる地(di)(di)域の大人(ren)(ren)=オモシロいイノベーター」に出会えるバスツアーとして開(kai)催しました。このツアーを通じて、米沢市で過(guo)ごす当事者として地(di)(di)域に愛着を持ってもらい、継続(xu)的(de)な地(di)(di)域社会への参画と、卒業後を見据えた関係人(ren)(ren)口(kou)の育成を目指しました。

今後の展開

DNPが開(kai)発(fa)した「サービスデザインメソッド」と、産(chan)学連携で多様なステークホルダーがともに進(jin)める「共創(chuang)型」のスタイルを活かし、今後(hou)も「未来のあたりまえとなるようなイノベーション」を推進(jin)して、新しい価(jia)値を創(chuang)出していきます。


*1 「地(di)方創生☆政策アイデアコンテスト2023」の結果はこちら →

*2 DNPのサービスデザイン・ラボ(SDL)は、「未来(lai)のあたりまえ」となる価値(zhi)の創出に向(xiang)けたイノベーションを生活者(zhe)(zhe)・企(qi)業・有識者(zhe)(zhe)・クリエイターとともにデザインする共創型の「サービスデザイン」手法の研究開発と実践に取り組む、広義のデザイン組織です。SDL所属のデザイナーは、サービスデザインコンサルタントとしてイノベーション創造活動(dong)に従事し、サービスデザインプロジェクトの設計とプロジェクトマネジメントを行い、各(ge)種方法論・デザインツール・ファシリテーション・プロトタイピング等の機能(neng)を提供しています。()


※記(ji)載されている会社名・商(shang)品名は、各社の商(shang)標または登録商(shang)標です。

※記載された製(zhi)品(pin)の仕様、サービス内容などは発表(biao)日現在(zai)のものです。その後予告(gao)なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。


ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む
IRの9カテゴリで絞り込む

検索