2023年9月(yue)28日

マンガ制作をAIで効率化して、カラー化=“着彩”の時間を2分の1に

マンガ多言語制作システム「MOES」に着彩機能を実装(zhuang)し、マンガの海(hai)外展開を支援

大日本印刷株式会社(DNP)は、多言語対応のマンガ制作ツール「DNPマンガオンラインエディトリアルシステム MOES®(モエス)*1」に、株式会社10ANTZ<テンアンツ>*2が開発した「マンガAI着彩機能」を搭(da)載(zai)し、2023年(nian)10月にトライアル運用(yong)を開始します。

MOESは、マンガ等のコンテンツの創出・制作・各種データ変換を一貫して支援するスタジオ「MANGA CREATIVE WORKS®」*3で提(ti)供(gong)する制(zhi)作ツールです。この機能により、従来は手作業(ye)で行っていたマンガに色を付ける“着彩”の工程を大幅に効(xiao)率(lv)化します。

また、オノマトペ(マンガに描(miao)かれる画像化された擬(ni)音語・擬(ni)態語)を削(xue)除(chu)するとともに、削(xue)除(chu)後の部(bu)分にあるはずの背景を推(tui)(tui)定して描(miao)く機(ji)能(neng)もMOESに実装します。このように、翻(fan)訳以(yi)外の機(ji)能(neng)も今後MOESに集約することでマンガ制作の効率化をさらに推(tui)(tui)進し、マンガコンテンツのグローバル展開に貢献していきます。

AI着彩例

開発背景

近年(nian)、世界的にスマートフォン用アプリやWebサイトでマンガを楽(le)しむ読者が増加(jia)する中、日本のマンガコンテンツは人(ren)気(qi)作品が翻訳(yi)され、海(hai)外展開されていますが、現在(zai)、多言語版(ban)の制作負荷やグローバルな流通の課題(ti)によって、海(hai)外に展開できていないタイトルが多数(shu)あります。マンガは人(ren)物・キャラクターのほか背景・吹き出し・セリフ・オノマトペ等の構(gou)成要(yao)素が多く、特にカラー化する着彩(cai)の工(gong)程は非常に難易度が高いため、現状ではそのほとんどを手作業で行っており、制作に時間がかかることが課題(ti)となっていました。

こうした課題に対(dui)してDNPは、「MANGA CREATIVE WORKS®」を構築し、そのなかで、マンガの多言語版制作に向けてMOESを展開しています。今回(hui)、AI(人(ren)工知能)を活(huo)用して着彩する機能をMOESに搭載(zai)することで、マンガコンテンツの着彩工程の生産性(xing)向上と効率化(hua)(hua)を支(zhi)援(yuan)します。DNPは引き続き、社(she)外(wai)のパートナーとの連携も強化(hua)(hua)して、出版市場の活(huo)性(xing)化(hua)(hua)に向けたサービスを推進していきます。


MANGA CREATIVE WORKSにおけるMOESの提供機(ji)能一(yi)覧

MOESによるマンガ制作のシステム化とAI着彩機能について

  • DNPが2016年からサービス提供しているMOESは、多くの言語への翻訳版のマンガ制作に必要な翻訳・レタリング・校正・進捗管理等を行うクラウド型のシステムです。このサービスにマンガ制作をさらに効率化する機能を集約していく計画であり、今回その第一弾として、AIを活用した着彩機能を実装しました。
  • 「マンガAI着彩機能」では、表現上の効果について、模様や色の濃さなどを影やグラデーションに置き換えて着彩することが可能です。電子書籍で配信するマンガコンテンツを制作する場合、全てを手作業で着彩する場合と比較して、修正も含めて生産性が2倍以上(作業時間が2分の1以下に短縮)となりました(自社での実証実験結果による)。
  • セリフ等が無いため翻訳が不要なWeb素材やグッズ制作の場合、着彩機能だけを利用することができます。今後追加を予定している各種機能についても、制作者が必要な機能のみ選択して利用できるようにしていきます。
  • また、オノマトペを削除するとともに、削除後の部分にあるはずの背景を推定して描く機能もMOESに実装します。従来、元の言語のオノマトペの画像を残して、その近くに翻訳を併記する場合が多かったのに対して、この機能でオノマトペを削除することで、より読みやすい表現を容易に行えるようになります。
  • 今後、複数の多言語版を同時に(simultaneous)制作する“サイマル対応”など、翻訳関連の機能を順次追加・改善して提供していきます。

オノマトペ(擬音語(yu)・擬態語(yu))削除例(li)

今後の展開

2023年12月に、MOESでの「マンガAI着(zhe)彩(cai)機能(neng)」の本格運用(yong)を開始し、出(chu)版社・企業・教育機関等に提供(gong)していきます。DNPは引き続き10ANTZと連携し、着(zhe)彩(cai)の品(pin)質向上や機能(neng)改善を進(jin)めるとともに、マンガ制作の一層の効率化に向けて、一貫したシステムの構築(zhu)を強化していきます。

また、多言語(yu)版(ban)のマンガ制(zhi)作について、高い品質を確保しながら、作業(ye)(ye)の負荷とコストを低減する機能の開(kai)発(fa)・提供をさらに進めて、出(chu)版(ban)社(she)等(deng)のコンテンツホルダーによる海外へのマンガコンテンツ展開(kai)を支援(yuan)します。プリントオンデマンドや電(dian)子(zi)配信(xin)など多様(yang)なコンテンツ提供の形(xing)にも対応(ying)し、コミック市場(chang)の拡大に応(ying)える体制(zhi)を構(gou)築して、出(chu)版(ban)業(ye)(ye)界の継続的な発(fa)展に貢献していきます。

DNPは、本システムをはじめとする国(guo)内(nei)外のマンガ制作関連事業で、2028年までに累計150億円の売上を目(mu)指します。


*1 特許取(qu)得(de)済(JP.PAT.5605004)

*2 10ANTZ(本(ben)社(she)(she) 東(dong)京、代表取締役社(she)(she)長 髙澤(ze)真)は、「ファンとアーティストの“ありがとう”をつなぐ」をミッションとして、乃木坂(ban)46や日(ri)向坂(ban)46、JO1といったアーティストのゲームアプリ企画・運営など、エンターテインメント領域を主(zhu)軸(zhou)にAI技術の製品化(hua)・実装に取り組(zu)んでいます。幅広い目的で使用できる画像認識・生成AI SDK(Software Development Kit)等をエンターテインメント・ゲーム・ロボット・広告・マーケティング・教育・医療等の業界(jie)に導入するための最先端のAIソリューションを提供しています。

*3 「MANGA CREATIVE WORKS」について → //healingwingsoflight.com/news/detail/10162244_1587.html


※記載されている会社(she)(she)名(ming)・商(shang)品名(ming)は、各社(she)(she)の商(shang)標(biao)または登録商(shang)標(biao)です。

※ニュースリリースに記載された仕(shi)様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後(hou)予(yu)告なしに変更(geng)されることがありますので、あらかじめご了承ください。


ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む
IRの9カテゴリで絞り込む

検索