2023年9月5日

オンラインで患者の服薬状況を確認できる「服薬サポートサービス」の実証実験を 三重県の広域連携モデル「美村(びそん)」で実施

大日本印刷株式会社(DNP)は、患者の服薬状況をオンラインで確認できる「服薬サポートサービス*1」を利用して、DNPが取り組む三重県での広域連携モデル「美村(びそん)*2」プロジェクトと連(lian)携した実証実験を開始しました。「美村」は、三重(zhong)県(xian)中・南部の多気町(ding)・大台町(ding)・明和(he)町(ding)・度会(hui)町(ding)・紀北町(ding)が連(lian)携し、5町(ding)で1つの仮想自(zi)治体として、共通のデジタルシステムを活(huo)用した魅力的な地域づくりを推進するものです。

今回、「服薬サポートサービス」の実証の第一弾として、本サービスの有用性や診療所や薬局での運用課題などを調査する実証実験を2023年3月~5月に大台町で行いました*3。2024年度には、対象エリア・規模を拡(kuo)大した実証実験を予定しています。

実証実験の背景

高齢(ling)化等によって在(zai)宅医(yi)療(liao)を受ける患(huan)者が増加するのに対して、医(yi)療(liao)従事者不(bu)(bu)足などの課題が顕在(zai)化しています。そうした中で、在(zai)宅での医(yi)薬(yao)(yao)(yao)(yao)品(pin)の服用状況を把握(wo)するには、患(huan)者の自己申告や事後(hou)の確認などに頼る必要(yao)があるため、不(bu)(bu)必要(yao)な薬(yao)(yao)(yao)(yao)の追加処方(fang)、不(bu)(bu)要(yao)な残薬(yao)(yao)(yao)(yao)の発生(sheng)(sheng)、患(huan)者の服薬(yao)(yao)(yao)(yao)離脱などにつながる可能性もありました。こうした課題の解決に向けてDNPは、2017年に服薬(yao)(yao)(yao)(yao)状況を管(guan)理(li)するデバイスとして「服薬(yao)(yao)(yao)(yao)管(guan)理(li)カレンダー」を開発しました。その後(hou)、過疎化・高齢(ling)化が進む地(di)域で生(sheng)(sheng)活習慣(guan)病の薬(yao)(yao)(yao)(yao)物治療(liao)を対象(xiang)とした実証実験を進める中で、本(ben)デバイスの使用だけでは、医(yi)療(liao)従事者が患(huan)者に介入(ru)して服薬(yao)(yao)(yao)(yao)の適正化を図(tu)ることは難しいという課題も見えてきました。

実証実験の概要

○ DNPはデジタル田(tian)園(yuan)都市国家(jia)構想(xiang)の一環で、三重(zhong)県の広(guang)域(yu)連携モデル事(shi)業(ye)を自治体やパートナー企業(ye)とともに運(yun)営し、医療MaaS(Mobility as a Service)など、ICT(情報通信技術)を活かした地域(yu)の価値の拡大を進めています。今回、その取り組(zu)みと連携し、医療従(cong)事(shi)者が少ない地域(yu)での高(gao)齢者の服薬支(zhi)援のため実証実験を行いました。

○ 「服薬(yao)管(guan)理カレンダー」には、曜日ごとに朝・昼・夕の食(shi)後と就(jiu)寝前の4つのポケットがあり、各ポケットに服用1回分の薬(yao)を1週間分格(ge)納できます。カレンダーの裏面には、印刷技(ji)術で形成した回路(lu)があり、それによって各ポケットと電(dian)子モジュールの端子をつないでいます。患者が各ポケットから薬(yao)を取(qu)(qu)り出すと、ポケットの位置(zhi)と取(qu)(qu)り出した日時の情報が自動的にクラウド環境(jing)で送(song)信されて、記(ji)録されます。

  

服薬管理カレンダーの利(li)用イメージ

○ 今回(hui)の実(shi)証実(shi)験では、薬(yao)(yao)(yao)剤師(shi)が「服(fu)(fu)薬(yao)(yao)(yao)管理カレンダー」を通じてオンラインで服(fu)(fu)薬(yao)(yao)(yao)状況を把握し、診療(liao)所や薬(yao)(yao)(yao)局(ju)との連携を行いました。外来診療(liao)の際(ji)には、この情報をもとに医師(shi)や薬(yao)(yao)(yao)剤師(shi)が指導を行いました。今後(hou)、薬(yao)(yao)(yao)剤師(shi)が服(fu)(fu)薬(yao)(yao)(yao)状況をモニタリングする際(ji)に、服(fu)(fu)薬(yao)(yao)(yao)の漏れや間違いを患者にその場で伝(yun)えるなど、患者の自立を促(cu)すような服(fu)(fu)薬(yao)(yao)(yao)支援を行うことを目指しています。

実証実験の成果

○ 今回の実証実験を通して、薬(yao)局での説明を含(han)めた患者(zhe)のデバイス活用(yong)支援(yuan)、服薬(yao)情(qing)報(bao)の収集やレポート作(zuo)成、各種情(qing)報(bao)の連(lian)動(dong)などを問題なく行うことができました。患者(zhe)のアンケートでは、「薬(yao)を飲むことについての意識が変化した」「薬(yao)の管理を継(ji)続できそう」という回答(da)が得られました。また、診療(liao)所や薬(yao)局からは、外(wai)来(lai)時(shi)の服薬(yao)状況の確(que)認において、データに基(ji)づいた会話によってより適切な指(zhi)導(dao)につながるという評価(jia)を受(shou)けるなど、「服薬(yao)サポートサービス」の有用(yong)性が確(que)認できました。

○ 医療従事者が不足している地域では、薬(yao)(yao)局を一人で運営している場合(he)も多いため、薬(yao)(yao)局のスタッフとは別の「オンライン薬(yao)(yao)剤師」による助言(yan)や患者の服薬(yao)(yao)支(zhi)援に対する期待が高(gao)いことが分かりました。

○ 「服薬管(guan)理カレンダー」のポケットへの薬の入れ間違い、患者ごとの服薬忘れの予防(生活(huo)リズムとの関連性の把握等)、外来診療(liao)のスケジュールとの連動などは、自(zi)動送信する情報(bao)だけでは管(guan)理し切れないため、薬剤師等から患者への定期的なオンラインヒアリングが大切であることも分かりました。

今後の展開

DNPは今(jin)回の成果を踏まえ、2024年に、「美村」の複数の診療所・病院・薬局と連携(xie)して、薬剤(ji)師から患者(zhe)へのオンラインでの指導を含む第(di)二弾の実証実験を行う予定(ding)です。主に高齢化(hua)が進(jin)む地(di)域(yu)での生(sheng)活習慣病の薬物治療を対象(xiang)とし、「服薬サポートサービス」の実用化(hua)を進(jin)め、治療継続率の向上による重症(zheng)化(hua)予防を支援するなど、地(di)域(yu)住民(min)の健康(kang)寿(shou)命(ming)の延(yan)伸(shen)や医療費の適正(zheng)化(hua)に貢献(xian)していきます。

*1 服薬サポートサービスについて → //healingwingsoflight.com/biz/solution/products/detail/1190168_1567.html

*2 「美村」について → //healingwingsoflight.com/news/detail/20168817_1587.html

*3 実証実験(yan)の対象(xiang):実施人数(shu)3名(平均年齢:84.6歳(sui)・三重県(xian)大台町在住)、期間(jian):2023年3月6日~5月9日、連携(xie)先(xian):報(bao)徳診療所・勝栄堂薬局


※記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ニューストップへ

検索・絞り込み

カテゴリ
製品・ソリューションの18カテゴリで絞り込む
IRの9カテゴリで絞り込む

検索