トンボちゃん活じいの本ができるまで「製本編」のイラスト

“技術のDNP”を支えてきた原点とは? 印刷の現場を見に行こう! #3 「製本する」編

DNPグループは今、顔認証(zheng)等のセキュリティサービスや、文化財(cai)の価(jia)値を高めるデジタルアーカイブ、メディカル・ヘルスケアやエネルギー関連の事業、各種エレクトロニクス製品(pin)など、幅広い分(fen)野で社会や人々に新(xin)しい価(jia)値を提(ti)供しています。これら多様(yang)な製品(pin)・サービスは基本的に、「本」をつくってきた印(yin)(yin)刷(shua)(shua)技術(shu)を応用・発展して実現させてきました。そうしたDNPの基盤とも言える「印(yin)(yin)刷(shua)(shua)」の現場を、“活じい&トンボちゃん”が潜入レポートします!この記(ji)事は、雑誌印(yin)(yin)刷(shua)(shua)の工程を例(li)に、「#1 版を作る」「#2 印(yin)(yin)刷(shua)(shua)する」「#3 製本する」の全3回(hui)で印(yin)(yin)刷(shua)(shua)の仕組みを紹介するシリーズの第(di)3回(hui)です。

目次

登場人物

活じいのアイコン

活じい…金属(shu)活字じいさん。活字としてのキャリアは100年以上。長い経(jing)験で培(pei)われてきたDNPグループに関する豊富な知識(shi)で、いろいろなことを教えてくれる生き字引(yin)的な存在。

トンボちゃん…印刷物の見当(dang)合(he)わせ※トンボから生まれたキャラクター。きっちりした性(xing)格で、曲がったことが大嫌(xian)い。細かな気遣(qian)いで活じいをサポートします。

  • 【印刷用語:見当合わせ】見当とは、多色印刷において各色版の重ね合せる際の位置精度のこと。版面にトンボといわれるレジスターマークを入れて、見当を合わせるようにしている。
  • 本記事は、小学館のアウトドア雑誌「BE-PAL(ビーパル)」編集部のご協力により作成しています。

本づくりの最(zui)後は、「#2 印刷(shua)する」編で印刷(shua)したページや表紙(zhi)などを正(zheng)しく重ねて、一冊(ce)の本に仕(shi)上げる「製本」のパートです。大まかな流れは、①本文とは別に進行していた表紙(zhi)を断(duan)裁する → ②すべてのパーツ(折丁)を正(zheng)しい順番に重ねる → ③重ねたものを綴(zhui)じて全体を断(duan)裁する → ④結(jie)束(shu)して発(fa)送する、の4つ。完成品を出荷するまでの最(zui)終(zhong)工程でもあり、一層(ceng)正(zheng)確かつスピーディな作業が求められます。

  • 画像をクリックすると、それぞれの工程の説明にジャンプします。

scene1 表紙を断裁する

発色や耐久性を考慮(lv)して本文とは別に印刷することが多い表紙は、次の「丁合(ちょうあい)」の工程(cheng)に進む前に断裁して、サイズを合わせます。大(da)きな刃(ren)が付いた断裁機にセットして4辺をカットしたのち、「表紙(ひょうし)まわり」ごとに切り分けたあと、折(zhe)機で二つ折(zhe)りにします。

用語解説のアイコン

「表紙まわり」=表紙と裏表紙のそれぞれの裏側を合わせた4ページの総称です。ページごとの名称もあります(図参照)。

表紙を断裁する準備

製本担当:Mさん


静(jing)電(dian)気は、チリや紙粉の付着、給紙不良などにもつながるので、バサバサと上下(xia)させて紙と紙の間に空気を入れる作(zuo)業をします。ただし空気が入り過ぎたり、上下(xia)左右(you)がぴったり合っていなかったりすると断裁(cai)機に入らなくなるため、もう一度きっちり揃えなくてはいけません。一度にセットする紙は約400枚もあるので、体力と技術(shu)の両方が必要な作(zuo)業です。



scene2 丁合(ちょうあい)する

アンケートハガキや薄型の付録といった、通常のページとは大きさが異なる付属物がある場合、いずれかの「折丁(印(yin)刷した紙をページ順(shun)になるように折り畳(die)んだもの。8または16ページ分)」に貼り付ける作業(ye)を先(xian)に済ませておきます。その後、今(jin)回の雑誌のような「中(zhong)綴(zhui)(zhui)(なかとじ)製本」の場合(he)、ページの真ん中(zhong)に近い折丁から順(shun)に表紙まで「折丁」を重ねていく「丁合(he)」を行います。この「丁合(he)」から「綴(zhui)(zhui)じ」「三(san)方断裁」まで、一連の流れが自(zi)動(dong)化されていますが、最初のセット作業(ye)や途中(zhong)段階の補(bu)充などは人が担(dan)当します。

丁合しているイメージ

用語解説アイコン

「中綴(zhui)」=現在の製本の方法は、主に「中綴(zhui)(なかとじ)」と「無線(xian)綴(zhui)(むせんとじ)」の二種(zhong)類に分かれます。「中綴(zhui)」は折丁を開(kai)いた状態(tai)で重(zhong)ね、真ん中を針金で固定する方法。「無線(xian)綴(zhui)」は折丁を閉じた状態(tai)で重(zhong)ね、背表(biao)紙にあたる部分をノリで固定する方法。前者は雑誌やパンフレット等のページ数が少ないものに、後者は書籍や辞典等のページ数が多(duo)いものに向いています。

表紙まわりの名称と中綴、無線綴の説明イラスト

製本担当:Mさん


紙の厚さや種類、貼り込み加工の有無などによって、機械が折丁を1部ずつ正確に引き出せないケースがあるため、丁合機の各ボックスの設定調整や稼働チェックが欠かせません。
横に長いラインを数(shu)名(ming)のスタッフで分担(dan)していますが、丁合(he)は一定のスピードでどんどん進んでいくので、集中力とスピーディな対応が求(qiu)められます。



scene3 三方断裁する

丁合が終わって各ページが正しい順番で並(bing)んだら、真ん中を針金(ステッチャー)で綴じます。そして、綴じていない三(san)つの辺をカットする「三(san)方断裁」を行うと、本の完成です。

三方断裁のイメージ

用語解説アイコン

「ステッチャー」=中綴の際(ji)に折丁を固定する針金。太さが数(shu)種(zhong)類あり、本の厚みによって適切なものを選びます。

製本担当:Tさん


三方断(duan)裁機(ji)にページの上部(bu)を合わせてセットすると、側面と下部(bu)も同時にカットするので、きれいにサイズが揃います。「一冊(ce)切りタイプ」と「重ね切りタイプ」があり、中綴の場合は前者を使うことが多(duo)いです。



scene4 結束・発送する

付録がある場(chang)合は、完成した本に乗せて、数部ごとにバンドで結束(shu)します。結束(shu)したものを輸送(song)用のパレットに積んでビニールで固定し、発(fa)送(song)します。

本が完成し運ばれていくイメージ

製本担当:Tさん


印(yin)刷物の品質をそこねずにお客様(yang)に届けるため、最後まで気は抜けません。パレットに積み上げた際に付録がつぶれないよう耐荷重(zhong)の実験をしたり、荷崩れが起(qi)きない高(gao)さの上限を検証したりして、独自(zi)の基準を設けて運用しています。



「製本」工程から生み出した多彩な技術

「製本」に代表される後工程では、重ねる・折る・綴じる・断裁するためのノウハウを応用・発展し、“用途に合わせ、使いやすいように形を整える”多彩な技術を生み出してきました。耐久性と使い勝手の両方を考慮し、厚みのある本でも手を離してもページが戻らないといった、実際に使用する生活の場面を想定した機能性を追求してきました。

そうした基盤技術の一つである「成形技術」は、紙やプラスチック、金属などの素材を自在に加工する技術です。製本工程で培った紙を加工する技術を発展させ、紙製容器の立体加工から、プラスチック等のさまざまな素材の成形へと進化。1950年代から取り組んでいるパッケージ分野では、機能性と快適さの設計に加え、環境への配慮なども考慮した多様な製品へと広がり続けています。

製本工程の中で、「紙同士を貼り合わる」「違う素材を貼り付ける」「表紙の耐久性を高める」など、異素材を貼り合わせる技術から進化させてきた「ラミネート技術」。フィルムや金属、樹脂など別々に製造された素材を均一に貼り合わせるこの技術を応用し、特定の性質を持つ素材を貼り合わせることで、耐熱性・ガスバリア性・非吸着性などの多彩な機能を製品に付与できます。エレクトロニクス部門におけるフレキシブルなディスプレイ用の部材や、モバイル端末・電気自動車等に使用するリチウムイオン電池用バッテリーパウチなど、世界トップシェアの製品も含めたさまざまな用途にも応用しています。

※DNPの技術の詳細は、下記ページでもご覧いただけます。
後加工
//healingwingsoflight.com/development/basic-technology/index.html#anchor06
DNPの基盤技術
//healingwingsoflight.com/development/technology/