開発計画から関わった渡邊泰弘と環境面からの緑地PRを担当する鈴木由香

都市における新しい森づくり。「市谷の杜」プロジェクト

市(shi)谷(gu)地(di)区(qu)敷地(di)内(nei)に、緑(lv)豊かな樹木や植物が育つエリアがあります。市(shi)谷(gu)地(di)区(qu)再(zai)開(kai)発(fa)の一環として誕生(sheng)したこの公開(kai)空地(di)は「市(shi)谷(gu)の杜」と名(ming)(ming)付(fu)けられ、社員のみならず地(di)域の人々にも親しまれています。生(sheng)物多様(yang)性に配慮し、自然に近い緑(lv)地(di)をめざしている「市(shi)谷(gu)の杜」は今後さらに広がっていく予定(ding)です。このプロジェクトがどのようにして生(sheng)まれたのか、開(kai)発(fa)計画から関わった渡邊泰(tai)弘(hong)と環境面(mian)からの緑(lv)地(di)PRを担当する鈴木由香の2名(ming)(ming)に話を聞きました。

目次

写真右:
技術・研究開発本部
渡邊泰弘

写真左:
CSR・環境部
鈴木 由香

昔ながらの武蔵野の雑木林をイメージして

春には草花が咲き、夏には緑が生い茂り、秋には木々が紅葉して道行く人を楽しませている「市谷の杜」。住宅街にDNPの施設が点在するこの地区にあって、多種多様な植物や生き物が生息するその様は、まるで昔からそこにあったような佇まいを見せている。

「都市の中に作られた緑地は形(xing)の整った木(mu)を中心に植(zhi)え、きれいに剪定(ding)されている人工的な緑地が多いのですが、『市谷(gu)の杜』はあえて自然に近い緑地をめざしました」と話すのは、市谷(gu)再開発プロジェクトに構想段階(jie)から関わっている技(ji)術・研(yan)究開発本部(bu)の渡邊だ。

まず渡邊らが手がけたのは、この地区(qu)にあるべき緑地の姿(zi)とはどのようなものかというコンセプトづくりだった。

モックアップ作りに使用した模型

「さまざまな意見が集まる中、『市谷の杜』とは、都会の中で四季を感じられること、地域に親しまれること、明るく安全であることという3つの方向性が見えてきました。そしてこれらを起点に、この場所ならではの自然に近い緑地をつくるため、地域固有の在来種だけを植えることにしました。市谷はちょうど武蔵野台地の東端にあたります。かつての武蔵野の雑木林をイメージし、将来的には、年に1回の下草刈り程度で、木々や植物が自然に育っていくような緑地をめざしています」

「市谷の杜」が作られる場所の多くは地下に建物がある。コンクリートの人工地盤上で樹木が自然に成長していくにはどうすればいいのか。渡邊らは従来の緑地作りの方法論から離れた、独自のアプローチを強いられることとなった。

例えば、木がしっかりと根を張(zhang)れる豊かな土(tu)壌(rang)を作(zuo)るため、人工地盤(pan)上の土(tu)を、人工軽量土(tu)ではなく自然土(tu)とし、土(tu)の被り厚(hou)を1.5m確保(bao)する計画とした。また自然の森では、尾根や谷の部分、斜(xie)面(mian)などそれぞれの地形(xing)に適した植(zhi)物群が生息(xi)しており、「市谷の杜」もこの自然界(jie)のルールに従い地形(xing)の起伏にあわせた植(zhi)物群の配置計画を行った。

次に行ったのが、どこにどんな植物を植えて、どんな全体像になるかを確(que)認するためのモックアップ作(zuo)り。生育(yu)環境としての検(jian)証や周辺に与(yu)える影響、ランドスケープのイメージをプロジェクトメンバーで共有(you)するため、施工会(hui)社の協力(li)を得て実際(ji)の樹木を植えて検(jian)証を行ったという。

関東近郊で実(shi)際(ji)に木を植えて行われたモックアップの様子

「あとから知ったのですが、緑地を作るときに実際に木を植えてモックアップを作るのは珍しいケースなんだそうです。DNPの場合は都会に緑地をつくるため、具体的なイメージを確定させるうえでも欠かせない工程でした」

こうして、四季(ji)折々の豊かな表情を見せてくれる「市谷の杜(du)」が生まれることとなった。

地域に親しまれる緑地をめざして

現在できあがっている「市谷の杜」の面積は全(quan)体(ti)計画の3分(fen)の1ほどでしかないが、小(xiao)道が整備されており、公開(kai)空(kong)地として地域の人々にも開(kai)放されている。

地域に親しまれる緑地にしたいという思いから、地元住民を対象に見学会を開催するなど、「市谷の杜」を紹介している鈴木は、「すでに近隣のみなさんの中にも、『市谷の杜』に関心を持っている方がたくさんいらっしゃいます。毎日近くを通るときに立ち寄って花が咲くのを楽しみにしている方もいて、私たちとしても責任とやりがいを感じています」と話す。

さらに、「市谷の杜」をより深く知るため、完成直後から関係者が続けている活動がある。それが、植物の様子を日常的に観察し、気が付いたことをメモしていく「気づき記録」の作成だ。自身も参加している鈴木は、次のように語る。

「これまでは工場建(jian)物が中心だった場所に緑地が生まれ、しだいに成(cheng)長し、周囲(wei)と一体化していく。日(ri)々変化していくその過程が愛おしくて、今では観察が日(ri)常の一部となっています。記録する内容(rong)も、最初の頃は『赤い花が咲(xiao)いた』『鈴虫が鳴いていた』といった見たままの感想を書くだけだったのですが、次第に参加(jia)スタッフそれぞれが植(zhi)物の名前(qian)や特徴に詳(xiang)しくなり、細かく成(cheng)育状況(kuang)を記すようになりました。3年(nian)ほど経過してデータの蓄積(ji)がある現在では、前(qian)年(nian)度の成(cheng)育状況(kuang)と比較できるようになり、日(ri)々の植(zhi)栽(zai)管理にも役立(li)っています」

日々の「気づき記録」から得られた植物の生育情報や、地(di)域住民から寄せられる声は、現在工(gong)事が進んでいる新しいエリアの緑地(di)づくりにも活かされている。

日々成長していく「市谷の杜」

現在の緑地が完成してから約3年が経過し、緑地そのものにも変化が生まれている。木々が大きく生育していることはもちろん、当初は植えていない植物が自生していたり、珍しい生き物がみつかったりと、緑地自体が成長しているのだ。人工的につくられたものでありながら、土壌に養分が蓄えられ、樹木が自然に成長していく。自然の循環を促進することをめざした成果と言えるだろう。
また、「ヒートアイランド」対策にも効果が期待できる。都会の森だからこそ緑化の重要性が増す。

こうした生物(wu)多様性に配慮した活動(dong)が評価され、「市谷の杜」は2018年3月に一般社(she)団法(fa)人いきもの共生事(shi)(shi)業(ye)推進協議会(ABINC)の「いきもの共生事(shi)(shi)業(ye)所®」として認定(ding)された。また、5月には緑地事(shi)(shi)業(ye)の認証(zheng)制度「SEGES:都市のオアシス」認証(zheng)を取得。社(she)会的(de)にも取り組みが認められ始めている。

開発に携わっている渡邊は、「建物は完成したあとは次第に古くなっていきますが、植物は緑地が完成してからどんどん成長していきます。その様子を見られるのはとてもうれしいですね。今はまだ人の手によるメンテナンスが行われていますが、将来的にはその頻度を減らし、より自然の森に近い緑地になっていってほしいです」と語る。

「市谷の杜」は2020年にはさらに面積が広がる予定で、最終的には2万㎡の敷地が緑地になる計画だ。今後について、鈴木は次のように語った。

「全体の緑地計画のうち、今できているのは一部。全体が完成したら、どんな光景になるのかとても楽しみです。『市谷の杜』プロジェクトは環境に配慮した企業活動の1つとして始まっていますが、地域の方にDNPを知っていただく機会にもなっています。今後は『市谷の杜』を通して、今まで以上に地域の方とのコミュニケーションを深めていきたいです。社員にも、さらに興味をもってもらえるように働きかけていきたいですね」

『市谷の杜(du)』全(quan)体が完成(cheng)するのは数(shu)年後。そして、さらにその先、樹木や植物がのびのびと成(cheng)長していったときに杜(du)全(quan)体がどのような姿になっているのか、今から楽しみだ。

  • 記載された情報は公開日現在のものです。あらかじめご了承下さい。