知的財産活動

DNPの広範な事業活(huo)(huo)(huo)動(dong)(dong)(dong)を土台から支え、他社と差別化(hua)していくため、知(zhi)的財産(chan)活(huo)(huo)(huo)動(dong)(dong)(dong)は必要不可欠な取り組(zu)みと考えています。また、知(zhi)的財産(chan)の優(you)劣がDNPの事業性に大きな影響を与えるため、質の高い特(te)許を取得するべく、強力な布陣(zhen)で知(zhi)的財産(chan)活(huo)(huo)(huo)動(dong)(dong)(dong)を推(tui)進しています。

知的財産の戦略的獲得に向けて

①トップシェア製品・サービスを支える知的財産の把握

DNPは知的(de)財産を価値創造(zao)に必要(yao)不可欠な資産のひとつであると捉えています。特に国内外(wai)でトップシェアを獲(huo)得している製品・サービスにおいて、コア技(ji)術と周(zhou)辺技(ji)術の特許(xu)網が事業展開に大きな効(xiao)果(guo)を発揮しています。

②注力事業の設定と知的財産の戦略的獲得

市(shi)場(chang)の成長性・魅力(li)(li)度の高(gao)い注(zhu)力(li)(li)事業を設(she)定(ding)し、より強靭な事業ポートフォリオを戦略的に構築していきます。そのため、オープンイノベーションを推進するとともに、自社の優位性を確保(bao)するため、知的財産の戦略的獲得に力(li)(li)を入れています。

③三位一体による価値創造

注力(li)事業の事業戦略(lve)(lve)・開発戦略(lve)(lve)・知(zhi)財戦略(lve)(lve)を「三位一(yi)体」で考(kao)え、価(jia)値(zhi)創造プロセスを通じて知(zhi)的財産を活かしたビジネスモデルを実(shi)現します。長期的に価(jia)値(zhi)を生み出していくストーリーを描き、社内(nei)外の連携を強化していきます。

④リソース集中と人材育成

知的(de)財(cai)産をはじめとした各種リソースを注(zhu)力事業に集中させていきます。ビジネスと技術・研究(jiu)開発および知的(de)財(cai)産に精通する人(ren)材(cai)の育成(cheng)に努めるとともに、リスクを管理(li)し、他者(zhe)の権利を尊重する風土(tu)も醸(niang)成(cheng)します。

⑤ガバナンス強化と戦略の実行

知的財産に関する方針(zhen)と進捗状況を担当が異(yi)なる経(jing)営層(ceng)等(deng)とも共有し、ガバナンスを効かせながら、経(jing)営判断に活かしていきます。同時に各(ge)事(shi)業部門(men)と知的財産部門(men)の連携(xie)もさらに強化し、注力事(shi)業の拡(kuo)大を加速(su)させます。

知的資本の強化・拡大による長期的な価値の創出

活動の概要

事業活動支援

事業方針と連動した出願権利化戦略を策定し、事業価値の高い知的財産を創出しています。
また、パテントポートフォリオを充実させて事(shi)業を有(you)利に導(dao)くとともに、得(de)られた権(quan)利を有(you)効に活用(yong)し、事(shi)業活動支援を積極的(de)に行っています。

知的財産の教育・啓蒙

他者の権利の尊重と、知的財産法規を遵守する企業風土作り

自社の権利と同様に他者の権利を尊重し、知的財産法規を遵守する企業風土作りを行うため、全社員へ階層別知的財産教育を実施しています。
また、知的財産を扱う機会の多い企(qi)画部門(men)(men)や開発部門(men)(men)に対しては、より専門(men)(men)性(xing)の高い研修(xiu)も行っています。

顧客や社会との連携

顧客企業に対して、知的財産の法律面(著作権、景品表示や商標など)を考慮した企画提案を行うなど、積極的なリーガルサポートを実施しています。
知的財(cai)産(chan)関連の各(ge)種団体(日(ri)本(ben)知的財(cai)産(chan)協会、日(ri)本(ben)印刷産(chan)業連合会など)に委員を派遣し、積極的な提(ti)言活動を行うことで、業界地位向上に貢献しています。

推進体制

各事(shi)(shi)業部(bu)(bu)門(men)の知(zhi)的財産(chan)(chan)活動を推進する部(bu)(bu)門(men)と横断的に知(zhi)的財産(chan)(chan)に関する契約やリーガルサポート等を対応する部(bu)(bu)門(men)で構(gou)成し、DNPの広範な事(shi)(shi)業活動を積極(ji)的に支援しています。

保有特許件数

DNPグループは、国内外の市場の成長性・魅力度と事業収益性を軸として、各事業が生み出す環境的・社会的・経済的な価値を精査して、注力事業を設定しています。
2023-2025年(nian)度の「中(zhong)期(qi)経営計画(hua)」では、「成長牽引(yin)事業」「新規事業」からなる注力事業領(ling)域(yu)に経営資源(yuan)を集中(zhong)させています。知(zhi)的財産(chan)の獲得・拡大に関しても、注力事業における特許の保有をさらに強化(hua)していきます。

国内保有特許件数の推移